低単価の美容室の紹介や様々なサービスや設備のある美容室の紹介

太陽の光に含まれている3種類の光線による効果について

太陽の光に含まれている3種類の光線による効果について

美容のためには紫外線を避けないといけないといわれているため、太陽光線自体を悪い物と捉える人が多い傾向にあります。太陽光線は赤外線、紫外線、可視光線という3種類の光線で成り立っていますが、それぞれの働きは違い、人間の生命活動に不可欠な光でもあります。赤外線の効果は多くの人が知っているかもしれません。体を温めることで代謝がよくなったり、血行が良くなるといった効果があります。赤外線は地球を暖めている光でもありますので、体にも良くダイエットをしている人は太陽の光を浴びながら運動をした方が効率的に痩せることが出来ます。紫外線というと美容の天敵、シミやシワを作り健康にも悪い光と思われがちで、100%取り除かないといけない物と思われがちです。でも紫外線が肌に当たるとビタミンDが作られ、それが血圧の上昇を抑えることにつながったり心臓の働きを助けたりもしています。紫外線のおかげで健康的な暮らしができているという部分もあるため、なんでも紫外線を悪者にして避けようとはしないことです。可視光線は物を見るときに必要になる光です。可視光線がなければ人の見る世界は今とは全く違ったものになっているでしょう。こうしてみると太陽光という物は人々の生活には必要不可欠な物だということが分かります。美容の敵と思われている紫外線も無ければ生活できなくなってしまいます。陽射しが強いからと言って外出を控えることは健康にも美容にも良くないので、上手に紫外線対策を行いつつ太陽の光による恩恵を受けていくといいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ